(旧徒然なるままに)流れ出る言葉とともに過ごす日々を思いつくままに語ってみたり。


by pandaer
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

君の声が

前に道がたくさん広がりすぎて 
後ろに向いて歩きそうになる

そんなときに
君は僕の前に立ち 名前を呼んでくれる
すると 僕は前を向けるんだ

君は自分がどんなに価値ある人間か分かっていないだろう
僕にとって君は失ってはならない人間なんだ
だから手を繋いで一緒に道を歩こう


君の声が 僕に力を与える
君の声が 僕の支えになる
君の声が 僕を・・・

 幸せにする

だから ずっと僕の名前を呼んでいて
[PR]
by pandaer | 2006-06-30 00:11 |